--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゴ様決闘教室~ストvsレン~

2011年01月24日 21:01

こんにちは、DNFプロゲーマー ジャン・ウン(カマエルセラフ)です。
ガンナー二回目は、ストライカー最大の難職、レンジャーの攻略をやろうとしています。

untitled.png


昔から決闘王者の地位に居座っている俺様神様レンジャー様。
強いが故に数も多く、一番対戦数が多いのではないでしょうか。
無限移動射撃始まり、ある時はタコマ狂龍、ある時はボウガンミルレイド空中射撃、ある時はゲイルダクスト、ある時は性転換,と歴史毎に悪行を繰り返してきた彼らがようやく落ち着いてきた…っ!
レンジャーがなぜストに強いのでしょうか?

理由つまり、ストとレンは、お互いをよく知っているたえめ、簡単にはゲームを解く事はできません。ストは色々なスキルの攻め方のパターンがありますが、レンはそれよりももっと多くのパターンがあるから大変です。箱の中に箱が入っている感じです。

レンジャーとの勝率はほぼ半々で、差はあまりないです。お互いがそれぞれの技術で一つ一つを攻略しながらも、相手の攻撃を避けながら戦い攻めようとするが、相手は状況に応じた応用まで加え、簡単ではない相手です。

レンジャーを相手にするための最適なセッティングとプレイを扱っていきます。注意してレンジャーを相手に必勝を遂げてください。

1. アイテム設定

レンジャーとの決闘時に大きく、必要なことは2つです。

a.スピード重視
b.気絶耐性

レンジャーは、革のキャラクターならではの速い攻撃速度と移動速度の組み合わせで、Y軸からのウインドミルでコンボ起動する場合が多いです。このような攻撃を避けるには、速度が後押しする必要があります。

私の場合、的中エンブレムは重甲以上のキャラクターとの決闘時に使用しており、移動速度を装着したアバターは、革以下のキャラクターに使用しています。速度の面である程度の差はカバーがされますが、この差が大きいほど攻略するのが大変なので参考してください。

特にレンジャー、または逃げ職を相手にする時はこの移動速度の差があるほど辛くなります。捕まえることが難しくなります。相手が攻めてくるのならカウンターを狙えるのですが…。基本的に遠距離攻撃が多いため結果不利です。
現在私のエンブレムは速度と的中の混合状態ですが、アバを新調したほうがよさそうだ。


もう一つは気絶耐性です。 レンジャー気絶攻撃の代表的なスキルはマッハキックとリベンジャーです。

この攻撃を使ってスタンにかかると、追加のコンボを迎えるようになる危険性があるため注意して下さい。これを防ぐには気絶耐性を上げるしかありません(もちろん、攻撃か防御、選択項目になります)

一応タウのボーンネックレス12などがあります。QSの無い時のマッハ時に付け替えでささやかな抵抗ができるかもしれません。エンブレムの方を他の能力を犠牲にして状態異常とういのもありですが、そこは人それぞれで

2. ビデオ攻略

今までの映像を使って一つずつ攻略してみましょう。



レンジャーとの決闘時に最も注意しなければならない3つのスキルがあります

a.ウインドミル
b.榴弾
c.乱射

レンジャーとの決闘時に絶対に相手の上下にいてはいけません。 Y軸が短いストにとっては不利さだけ増えるためです。一番良い場所は、正面に相手のライジングショット当たらない対角線上にいることです。この距離がポイントだから参考にしてください。

このほか、レンジャーに攻撃するための良い方法の一つ、ランドランナーにLDを使用すると、レンジャーの元へ行くことができます。様々な応用が可能なので注意してください。

そして、王以下のレンジャーは、ガンガードをうまく扱うことができない。それだけに、対角線で金剛を狙うのもポイントです。 相手に応じて試してもらえば良いです。

最近翻訳してて思ったのは決闘の腕前を、あちらでは王の遺跡に例えるようで…。他記事では修正しましたが、例えば王の氷レベルだとかありました。今回は5段階評価で4って事かな?無駄雑学でした。

aミル~一応アーマー受けでのカウンターは取れますが、慣れない人は素直に上下移動で避けた方がいいです。また、相手が速すぎると対応できなかったり避けれなかったり。もしミルを空振りさせたのなら、そこから縦軸攻撃の突破口が開けます

b榴弾~ミルがクールだからといって疾風ポンケンをすれば榴弾に当たりコンボを貰う可能性もある。相手は相打ち覚悟で下に榴弾を落とします。相打ちでも相手はBBQで拾う。

二つともスキルを出してクール中だからといっても、膝が二個残っている。疾風ポンケン当たってもリベがある。最初の方で「多くのパターン…箱の中に箱…」というのはこの意味でしょう。

c乱射~おまけに乱射タイム時には↑のスキル+乱射という状態になる。SIにより前ディレイが追加された為、主に受けスキルで使われます。投げかネクスナLD以外のスキルで攻めたら負けます。

と、これだけ見ていればいかに前衛職が攻めずらいかが解ります。無理ゲーじゃんと思われる方がいるかもしれませんが…。アゴ様曰く五分、もちろん私も五分だと思っています。女レンは別。昔は鉄山のアーマーが長かったのでストの方が若干有利だったかな?カウンターが取りやすかった。



2番目のビデオのポイントは、最初に起動して、ヘイストが出る時間の10秒前に、その場に分身を敷いてヘイストを食べることを有利にすることです。
分身の活用の一つは、防衛の目的が強いということです。 このような用途にご使用いただくのも一つの方法です。

いつかの記事に分身持続時間7秒と書きましたが、6秒に変更されていました。すみません><特に対レンでのヘイストは鍵です。速度差がでれば不利になるのは目に見えています。動画では不屈からの分身で意地でも死守しようとする姿が見られます。
一つ注意して欲しいのは、分身に火炎を当ててテラ発動を目論む銃が多いです。火炎は3ヒットくらいいける?もっと?分身10体に3ヒット、単純計算で30の攻撃回数。高確率でテラります。分身後はこちらも攻撃できるぞという位置取りで相手にプレッシャーを与えるのも手かもしれません。


2番目にマッスルを利用した釣りも一つのポイントです。一定距離でのライジングナックルを出せば相手に当てる事ができます。この時、もし当たらなかったとしてもマッスルを利用したライジング→コンドルで危機脱出、若しくはチャンスに変えることができます。

動画を見てもらえればわかりますが、あの攻撃判定。実は予想以上に広いのです。特にMS時はコンドルでの逃げも可能なため、ぶっぱ昇竜拳を使うという選択肢を是非追加しましょう。

そしてストとして、良い習慣の一つは、相手のスライディングや榴弾攻撃時に鉄山で防御兼攻撃をしてくれるカウンター式の攻撃も練習すれば良いです。

相手の行動の一つ一つに、迅速に反応することがポイントです。



三番目のビデオのポイントは、リベンジャークルタイム中に相手を攻略することです。 リベを使わせた後は、レンジャーにスタンディング+空中コンボが可能となります。 映像のようにスタンディング+コンボ+マッスルコンボまで与え、7割近いダメージ結果を見ることができます。

レンジャーの攻撃性が強いだけに防御が弱いので、この点をよく狙ってくだされば良いです。

この他にも攻略する部分が多いが、映像がなくて残念です。

リベを避ける方法のいずれかでポンケンを当てると、ほとんどすべてのレンジャーがリベを使用してきます。 この時、クラウチで避けられた後、攻撃する方法もあります。

ちょっと前にはやったカッコイイ避け方ですが…クラウチング解除が遅かったり、相手のリベが速かったりで…パニされるかもしれません。昔挑戦してましたが難しいです。ポンケン後にすぐネクスナ等がいいかと思います。それでも出してこない場合は格は通常からc投げができるので安全に投げましょう。リベ見てから投げってのは間に合います。もちろん投げずに済むならそちらの方がダメージ入れれるんですが…。

また、リベは上級者になるとタイミングをずらして出してくる事もあるので注意しましょう。疾風かすらせてリベ出してくれるとラッキー。不屈かけて近距離で分身を出してリベを使わせるってのもアリかもしれませんね。ほかにポンケン→通常1、通常1~リベ見てネクスナ。頑張ってください。


今後女レンジャー編が出てくる場合は、その時更に添付して攻略してみましょう。 次回はスピットファイアの攻略法をしていきます。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

攻めの多様さ、コンボ起点の多さ、守りのよさ、決闘では文句なしの性能。SI前は乱射の前ディレイもなくリスクなしの追っかけぶっぱ乱射、更には出血重複でダメの異常にでかいゲイルブラスター、スタンしまくりダークストーカーを装備していたという。女レンになれば男よりも速度がめっちゃ速く、榴弾は無いものの、ミル超範囲、乱射で浮くという…。BBQもだが、基本手数が多くテラ発動確立はトップクラス。

弱い訳がなく、強いにきまってるやないか!と、予想通りに愚痴になっていまいました。

ミル…空振りさせるか読みで受け
 
榴弾…位置によっては鉄山カウンター アッパーの「う」受けの「はっ」にミルやRSには注意。

RS…これが終われば遠い横軸でも通常鉄山特攻勝負できる(ポンケンはリスク大)

乱射…空振りさせるか軸が合えばネクスナかスプレを狙う 端でどうしようもない時はクラウチング回避からミルに鉄山

ガンホ…この時間帯に自ら端に行かない。追い詰められたら乱射移動火炎等で厳しい。縦位置とって2~3回目に横に逃げたり、分身守りもあり。機会は少ないと思うが、ガンホを移動クラウチングで避けて鉄山突っ込みや、ガンホの戻りに合わせて金剛など。

移動…たまにぶっぱでくる。HA中の中距離移動牽制を食らうと糞痛い。端に追い詰められた時は一応クラウチングで。その後は高確率でRSが飛んでくるのでアッパーで受けれるように心の準備を。

リベ…出させるか投げるかネクスナ LDはしない方がいいかも。リベは一瞬無敵になるので途中で終わったり。

ランド…ストにとってはおいしい存在。LD起点からのチャンスあり。コンボ中のランドは可能ならcロー等で壊しつつタックル。



上手なレンほど牽制が多いという印象です。安全な牽制からダメージを稼げるならそちらのほうがいいし、強力なQ技の時間稼ぎもできる。逆はやたらと近接をする人。リスクを考えずにミルを…。まぁ、速度差があると反応できずに当たっちゃうんですがね。わかっている人はミルをちょい当てしてきます。

そうそう、金剛砕不屈ランド受けに注意して下さい。この前初めてやられました。ランド受けからのミル。驚きました。だけど嬉しかった。不屈受けがジワジワと広まっているようです。こういうプレイを見ていると楽しいですよね。


7割コンボ、こんなに食らうっけ・・・。立ちコン酷いって人がいますが、対スト時にリカバリーを上げてない方が悪い。少し上げれば立ちコンを封じ、もう少し上げれば疾風を封じれるし…封じるってのは割り込みによってストにそれらをさせない抑制効果です。割り込み出来ないメイジだって立ちコン時はバクステ連打で被害を最小限に出来ますし。

エンブレムかアバをリカバリーにしてみて下さい。一戦目は相手はステをチェックしないとしても、終了後おかしいと思いステを覗くはずです。それを見たストは以降、立ちコンもしなくなるし疾風も使いづらそうになるはずです。
人や職によって守り(リカバリー)攻め(速度)を選択するでしょう。これは最初の方に出たレンのスタンの為だけに他の能力を犠牲にするかどうかの選択と同じです。スタンは簡単に耐性を上げれないが…リカバリーは目に見えて効果があります。もし立ちコンくらっても、その人は文句は言えない。その人は攻めを選んだのだから。アバターがないという人は、申し訳ないですが用意してください。

私が言うのもなんですが、リカバリーを上げられるだけで一気に弱職へと落ちてしまうのがストだと思っています。ただ、そんな環境の中で戦っている上手なストをみると憧れます。不利な状況で勝てるスト、やりがいがあるじゃないですか!


あの試合を見たとき、ストは終わったと思った。
だが、それでも挑戦し続けている彼の姿に勇気を貰った。
だけど今はグラップラー(◞‸◟)

↓押してくれると更新気力が上がります↓
アラド戦記・攻略ブログ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://satukingoogle.blog133.fc2.com/tb.php/85-f47b5f06
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。