--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゴ様決闘教室~ストvsbsk~

2011年01月08日 08:03

こんにちは、DNFプロゲーマー ジャン・ウン(カマエルセラフ)です。
今日はストvs鬼剣士のバーサーカー編を攻略していきましょう。

untitled.png


naverの調子が悪いのか、データ破損しているのかわかりませんが動画がみれないものがあります…。
いつか見れるかも。毎回ですが、爆音注意。
まず、バーサーカーにちょっと見ていきましょう。バーサーカーは極限に近い攻撃キャラクターであり、チャンスをつかむゴジラのようなキャラクターです。

バーサーカーは、2つの極限に近いバフを持っています。最初に『暴走』です。暴走は、スピードと力を上げる代わりに防御力が低下します。2番目のバフはバーサーカー特有のスキルに置き換えられますが、継続して体力が減っていく『フレンジー』です。

バーサーカーは、まさに「肉を切らせて骨を断つ」。速い速度で相手に近づいた後、瞬く間に相手の体力を削っています。

ストライカーは、よく'猪'と例えられる事が多いです。無茶苦茶な攻撃本能的に相手を追いかけるのが特徴です。そして、バーサーカーはよくチーター(動物の)に例えることができます。

もっと簡単に解釈すると、バーサーカーは、瞬間的に相手に間合いを捕捉した後、刹那の機会をお見逃しのないキャラクターです。

ストライカーとしては、どのように攻略していきましょう。最も必要な部分は防御です。いつもの攻撃的なストライカーがバーサーカーとの激戦では防御的な面に多くの準備をする必要があります。

ここの防御という言葉の意味は、先攻をとらない場合には、相手の攻撃を回避したり、一定の距離を維持することをいいます。また、相手と近づく場合は、自分は被害を着ないでカウンターを命中させることができるのか、を意味します。

それでは、以下の映像を使ってバーサーカー前の攻略を学んでいきます。

○なぜ防御に徹する事ができるかというと、bskも敵を追わなければならない職。なのでカウンターを狙うことができる。スキルの性能的に逃げによるQ技クール稼ぎ等の傾向はみられない。注意したいのは血柱くらいだろうか。他のQはぶっぱ系なので警戒すれば問題ないはずです。


1。 ビデオ攻略

バーサーカーとのアイテムの設定は大幅に準備することができません。変えて話をしても、純粋な実力で勝たなければならないということです。スキルツリーも大きく変わることはありません。

○スタックが多いので的中に注意する事。プチスケルトンにする、相手が瀕死になってきたらトンファーで攻撃する等もオススメです。
このようなだけに今回の方では映像ですぐにしてみましょう




最初のビデオのポイントは、 相手のパターンを把握による攻略です。

バーサーカーの利点が速いスピードと連打を利用したコンボなら、欠点は、判定が残念なこと。バーサーカーは、判定がよいスキルがほとんどないので、パターンが結構単調です。

それだけに単調なパターンをどのように攻略するのか、これが最初の攻略です。.絶対に避けなければならないのは、バーサーカーのホウザンの範囲攻撃です。.バーサーカーは鬼剣士の部類ですが、特性が大きく異なるため、難しいです。ストライカーの特徴の一つであるブングォンウルどうこう書かれていたが、ホウ酸の価格にナクヨ被害を見るにはやすいから注意してください。

○単調な攻めだけど、速いbskほど手に終えないです。暴走ヘイストテラ加速なんてしちゃったら速すぎてたまにラグります。気が付けばアッパーに当たっていたり…。攻めてくるのは有難いのですが、速すぎるとこちらの反応が間に合わない時も多々あります。あまりにも速度差を感じたらガチ逃げするのも一手かもしれません。

基本、ホウザンが無いときは追っかけアッパーです。投げで対処しましょう。ミューズアッパー受けはあまりオススメできません。アッパー受け→bsk1c狂乱のような形でやられるかもしれません。ミューズアッパーの弱い点は声で表現しますが「ん、はっ!」での「ん」の部分がアーマー付きになってます。鬼「トァッ!」を「ん」で受け、「はっ!」の時には隙だらけなのです。速いbskはその隙を投げます。

そして起き上がりホウザン。ホウザンの特徴として遅れ判定での血が拡散してくる攻撃が可能。それを利用して起き上がり無敵時間終了後に血が当たるようにホウザンを置きいてきます。それをアッパー受けしたらどうなるでしょうか。そうです、「ん」で受けて「はっ!」の時にアッパーされます。若しくは、アッパー受けしたのを確認後の追っかけアッパー。上級者と戦うとよくこの攻撃をしてくると思います。起き上がり後に縦軸移動するのは危険です。位置にもよりますが、横軸に逃げれそうなら逃げるで対策しましょう。しらんけど。


第二は、レイジングフューリー(血柱)です。

相手が不意に近づいて来たり、ストライカーが不意に近づくときに血柱被害を見ることができるため、スキルのクールタイムが帰ってくるたびに、適切な牽制が必要です。

このような部分だけを避けるには、ストライカーの鉄山高と疾風でのビデオのように相手の脆弱性を攻略することができます。

○前ディレイが存在せず性能としては優秀、だが範囲はそこまで広くない。一番注意すべきQスキルです。基本的に血柱が来る時は、一旦防御体制になり、誘いで使わせての攻めがいいと思います。また、血柱クール終わりの状態でのQS潰しは危険が伴います。血柱に合わせてスプレかLDが当たればいいのですが、ネクスナの場合負けます。



2番目の画像のポイントのうち最初はアッシュの衝撃波への対応法です。

格闘家が共通の疾風を使えるように、鬼剣士もまた全員がアッシュを使ってきます。

この時、ミューズアッパー、鉄山によるHA受けで最低限の防御が可能であり、近い場合は、カウンターを取れるチャンスにもなることができます。

第二には、所定の位置3打+スプールレックスです。
映像を見るとわかるように、相手の攻撃が終わった後、相手がどこに行くか予測することもストライカーの課題です。

そのうちの3打+スプレを利用すれば、スプールレックスの短い範囲が3打の範囲に増え吸い込むような形でつかむことができます。

高度な技術の一つであり、多くのキャラクターたちの応用が可能だから知っておくと良いです。

○通常3cスプレの使いどころは本当に難しい。bskや大麻の1c投げは即だせるが、格闘は3打まで出さなければならない為、隙があり、頻繁にできるものではない。「置き」や「待ち」での使い方がいいと思います。動画の場合、ヘイストが出現していたので、それに合わせて投げ置きをしたのだと思います。


3supure.png 
動画をSSで解りやすくしました。①を見てもらえればわかりますが、普通のスプレではこの範囲は投げれません。②c投げ独特の「吸い込み判定」③見事投げ成功


三番目のビデオのポイントは、マッスルシフトの活用です。

相手の実力はガードだけでも、ある程度知ることができます。相手の実力が高く、ガードされる場合まで考えてマッスルシフトを応用する方法のいずれかで、鉄山→LD→ネクスナを使ってガードをくぐることができるので参考にすると良いです。

○ガード読んでのLD。これは凄い。さすがアゴ様や。私は思いつかなかった(◞‸◟)




四番目には、攻撃の形です。

最初の3打+ブングォンイ合わせることができた理由は、相手がいるところで攻撃をしたのではなくヘイストを発見し、相手がヘイストを占領するという予測をし、攻撃を行ったし、期待どおりの攻撃に成功することができました。
○と、やはりヘイストでした。

このような攻撃型の利点は、合わせると、予測とは、部分の力が継続的に増えることになるという点と、相手のダメージを与える手段の一つであるという点であり、失敗しても、相手はヘイストを持っている方を持つように道を遮断したわけになるのでヘイストを簡単に占領することができます。

相手の攻撃に対する防御です。

最後の部分で見ればバーサーカーが突然打って入ってきてアッパーを打つという予感があって所定の位置で、スプールレックスとライトニングダンスを飛ばしました。

そして、その予感があたってダメージを与えることができました。もしこれが失敗しても、その外的な防御に自分がどうすればなるのか調べておくと良いです。

○動画が見れない…「追っかけアッパー」についてです。これまた「置き投げ」で対処、またストはLDで反撃のチャンスを作れます。なかなかLD直当ては難しいですが、LD自体のダメージ自体がしょぼいので守り用に温存するというのも手かもしれません。


最後の五番目のビデオのポイントは疾風です。

いずれかの時点で、突風の角度がどのように入るのかによって、相手の攻撃が届かないところで突風、各コンボをすることができるかどうかを知ると、とても安定して相手を攻略することができます。

前に言ったけどバーサーカーの弱点は、Y軸判定が弱いため、このような点を攻略するのがポイントです。

ここまでストライカー対バーサーカーの実戦攻略でした。大変参考になってほしいです。 次の方にはストライカー対ソウルブリンクリー語について攻略してみましょう。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

はい。という事で3割はスタックのおかげで勝てていると言われているbskの攻略でした。必ず的中には気を配りましょう。血十字+レガシー重甲+プチスケ+異名のbskは、あまりにも危険。特に攻撃判定=被撃判定の攻撃ばかりな格は辛すぎます。相手が瀕死になってきたらダウンコンボも控えめにする事おをオススメします。急所時は別?

また、いくら単調な攻撃といえども、上級者になればそういうわけでもなく、通常c投げを小刻みに出してきて牽制してきますのでご注意を。レッパと1c狂乱の縦判定は強いです。

掃除機についてですが、最後のフィニッシュはクラウチングで回避する事ができたりします。たまに出来なかった覚えがあるので確実とはいいきれませんが、万が一捕まったらクラウチング→ネクスナやLD等で反撃のチャンスが作れるかもしれません。

アウトレージブレイク…SIにより無敵時間が消えました。もしも背後を取れたのなら、投げかLDでの対処がいいかと思います。一応、地面爆発の攻撃が遅れて来るためネクスナアッパーだとタイミングが少し難しそう。少し距離があるときは狙わないほうが無難です。たぶん上手い人はアウトレージ正面アッパー受けLD~とかやっちゃうのかもしれない。近距離だと相手出しそうにないからMS詠唱後のアッパー受けポンケンcLDなら距離によっては間に合いそう。妄想です。

QS…基本的にbskのコンボは狂乱で〆ます。明らかに自分がダウンした後、相手が1c狂乱吸い込みする時くらいでしょうか。変な所でQSするとなにもできません。bskの通常ブンブンの前ではアッパーのアーマーもかき消され、投げも届きません。鉄山はしらん。遠めのホウザンの血に当たった時は相手はダウン状態にアッパー1c狂乱をすると思うので、そこでもいいかも。もちろんその後続けてレッパもうってくるでしょうからご注意。その後すぐに攻撃しないように。相手はガードで貴方の攻撃を待ち構えているかもしれません。



↓押してくれると更新気力が上がります↓
アラド戦記・攻略ブログ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://satukingoogle.blog133.fc2.com/tb.php/66-7a130892
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。