FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゴ様決闘教室~ストvsスト~

2010年12月24日 09:31

こんにちは、プロゲーマーのジャン・ウン(カマエルセラフ)です。今日は、格闘家同士の同職業のストライカー対ストライカーに攻略しようとしています。


untitled.png
スト同士では、判定が同じだとか、大きな差がないのであまり攻略が必要ないと思われるかもしれませんが、同じ職業だからこそ、むしろ別の問題が生じます。

ジピジギミョン百戦百勝だという言葉ご存知ですか?南蛮調べでは確実な勝利になる大変です。自分の長所と短所を知らなければ、もっとまともな攻略が可能となります。

ストライカーとストライカーの対戦は、自分の理解度を高めることができる戦いができます。ストライカーの強みである、瞬間的というほどの爆発的な直線上のダッシュ力です。前進3打+ポンケン速度と3打+疾風、マッスルダッシュコンボなど、自分が利用していたのメリットが、その逆に戻ります。

どのように広い視野と判断力そして、瞬間的な動きを見て予測して決めるかがスト戦のカギとなります。

今までのストライカーの攻略について、もう少し見ていきます。

1.アイテムの設定

ストライカーの最大の弱点の一つは、リカバリ。ストライカーは、単発で浮かせる技術が非常に少なく、連携が多いので、リカバリーに影響を受けます。

だからストライカーはストライカーの弱さを教え、時にはずるがしこいが、リカバリーをある程度合わせると、それなりの優位を占めることができるようになります。

ストライカーの最大ダメージコンボ=スタンディングコンボ+空中コンボ+ダウンコンボによって、最大ダメージを叩きだせることができます。また、ストライカーにスタンディングで射殺された時、反撃まで入れる事ができるため、リカバリーを上げるのは、対ストライカーのための設定だと言っても過言ではない。

リカバリを設定する方法のうち、最も効率的な方法は、エンブレムと称号にあります。決闘称号でありながらヒトリガついた称号は、ウサギ(80)とシュシア(100)、キリン(150)の称号があります。

称号弱体(調節)により、黒猫100、亀120などもある。また、日本独自の「いみょ~ん」でも上げられる。異名後ろの装甲は65ほど上がる。

エンブレムです。ストライカーはコムボナの連携性は良いが、一発のダメージ式ではないの累積的な式のダメージなので、回避の差が少ないほど、全体的なダメージを大幅に着ます。

しかし、ストライカーは、基本的に命中が高いので、回避よりHPに気を使うのが安定しています。

これは軽甲vs軽甲での話。で、命中が高いのはあくまで急所詠唱時。板金や重甲職はプチスケ併用で効果大だと思われる。
急所が決闘補正で何%あがるのだろう。


2. スキル攻略

ストライカーとの間の対戦は、暗黙的にノーシュア(スーパーアーマー)ルールです。もちろん、大会とかそのような場合には除外ですが、今回の攻略では、HA縛りの設定で説明します。

スーパーアーマーがないストライカーの対決は、タイミングの戦いです。誰が最初より奇襲的にタイミングに合わせて奇襲を成功するかどうか、あるいはそれらの奇襲を予測し、カウンターでコンボを与えるかの戦いです

最も基本的な3つは、最初のチェに3打+ポンケンに注意すること。第二に斜め金剛鎖を注意すること。最後に鉄山高を注意しなければなりません。

今までの問題に対する答えが出てきます。相手が攻撃してくるときにどう対処するかが重要な鍵となります。ウェポンマスター攻略でも話をしますが、一応直線上にないことが重要ですこれにより、相手が鉄山ことを無意味に飛ばすと判定的な面で一つ優位になります。そして、鉄山や崩拳、アッパーの場合はクラウチングで避けることができます。

これにより、相手は中距離で近づいて、Y軸での突風+金剛で攻撃することになります。これだけに取り組むことができればFWの前の基本技+格闘家たちを相手にするときの基本技をうまく築くことができるようになります。

対処方法としては、金剛鎖が来ると緊張感を維持して被撃時にカウンターで打つか、分身を置き、次の状況を作り挙げることができます。

カウンターの打撃の良いスキルでは鉄山高と突風角があります。
(?)


3。ビデオ攻略

それでは、映像を使って攻略をして見ます。




最初のビデオのポイントは、ヒットリカバリーによる反撃です。混戦時に逆襲のチャンスをもたらすことができるのがポイントです。そして、鉄山高にからの、浮かべる方法について説明しておくと便利です。

床に落ちた後のコンボと、空中コンボとでは、ダメージの差は大きいのでお勧めです。

他記事で書いたと思うが、鉄山疾風アッパーで空中コンボへ繋がります。SIにより、鉄山をより近距離で使うようになったので、必ず覚えましょう!
金剛疾風アッパーもそうですが、狙っているときは常に疾風のクール確認を。





2番目のビデオのポイントは、クラウチです。 相手と向きあっているとき、相手は、鉄山をよく意識して狙うようになります。.これを逆に狙って果敢なクラウチを使って逆襲の機会を持つことができます。

そして最後にやっぱりリカバリーにより、死にそうな状態を逆襲のチャンスに変えることができました。

クラウチングを極めてこそ、本物の格闘家なり。
クラウチングで華麗に避ければ、相手の後ディレイ状態に攻撃を入れることができる。ストの場合はアッパーよりも判定の強い鉄山で勝負してくるのが人間の心理。
昔、ポンのチャークラが強いと言われていたが、格目線でいうと、投げorクラウチングという自分の実力を試せるもってこいのスキルだった。チャークラできるのにアッパーだった時はショック。確実に優位になるわけではないので、チャークラは避けるか投げた方がいい。

クラウチングの主な使用時
銃職の横RS・シュタ、どうしようもない時の乱射(繋ぎで鉄山受けがいい)、ガンホに向って滑りクラウチング避け鉄山など
鬼のレッパ・狂乱投げ、居合い、猛竜
プリのスマッシャー、インファスキル全般、大麻疾風打・通常1c投げ
メイジの落花、BMサイハ、学者マント
格全般スキル

などなど、他にもあるので自分で調べましょう。特に投げ系統は銃以外は回避できるので覚えておくと◎特にHA状態では相手は確実に投げを狙っているので、読んでのクラウチング。




三番目のビデオのポイントは、相手がクウィクステンディン状態の時どのように狙うのかです。安定策にネクスネプ、スプレ、LDの3つの方法があります。

最初にQSされる事によって、相手がすぐに起きるとジャプヒミョ、クウィクステンディンガ終了時頃起きればライトニングダンスを合わせることができるようになります。ライトニングダンスが通らない場合は、攻撃型の場合、2打+アッパーによって相手は、通常、起きてすぐにアッパーをするため、攻撃を継続することができます。

逆に防御型の場合は、無理な攻撃よりヘイストを占領し、もう一度チャンスを狙うのも勝利への近道です。

スプレ、ネクスナ、LD、この3つで潰す。2打アッパーはあくまで相手が攻撃型?の場合らしい。
安全でいくなら、3つが通らなかったら逃げる。相手が起き上がり疾風をかます事も考えて、ポンケンや疾風逃げ、バクステ逃げもアリ。3つのスキルは通常1を数回挟むなど、タイミングをずらそう。また、少々リスクがあるが、3つ通らなければ目の前でクラウチング。普通は「投げ」で相手も対抗してくる。避ければチャンス。銃のパニ・スプリガンは例外。


スコの前の決闘は、基本技をどのようにがっちりしているアプリケーションのか、という戦いです。分身で退路を遮断してヘイストを占領するとか、相手を閉じ込められる用途にも可能で、クラウチを使って相手の攻撃を避けるのか自ら攻撃を当てるか、によって勝敗が左右されます。また、崩拳、鉄山、疾風、金剛を状況に応じてどれだけうまく配分するのかに応じて、重要な状況の時光を発することができます。

昔、リカバリ上昇補正がない時代、コンボ〆間際に着地地点に分身を置くという戦法がかなり有利だった。
が、リカバリ補正実装により、分身に捕らえた相手には疾風やポンケン等が危険にった。なので相手の行動に合わせて金剛や鉄山などが望ましい。対ストならLDを分身に当ててその場を脱出するという事も頭に入れておこう。対グラならクラブキャノン無敵がある。対銃では起き上がりに分身に榴弾を投げてくる。相手によって使うか使わないかは判断しよう。。BMなら、起き上がりに落花読みでクラウチングもあり


スコ前の際の基本は、チャンスが来たときに(相手に大きな反響をするとき)安定的にコンボをいれる為の、「相手の動きを把握する」ということが肝要です。しかし、いと高き理想からは、そのすべてのものを統合し、相手を読み、自分がどうするかがカギです。

同職と戦い、反省し、理解し…
ストライカーの方々が、より強くなれるように願っています。

.次の便はストライカー対ネンマストです。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://satukingoogle.blog133.fc2.com/tb.php/57-d509014c
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。