--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゴ様の決闘教室~ストvsグラ~

2010年12月19日 20:28

適当に動画見てて、なんか上手いな~って思ってよく見たらDNF代表称号だった。あのアゴ様は生きていた!

現在もプロとして活動?DNFの公式らしき情報サイトで決闘講座のコーナーがあったので載せて見ます。翻訳は手直ししましたが、わからない所は放置、小文字は僕が思う事。適当に書いてるので信じないこと
動画は動きがアレだが、教則ビデオと思ってご愛嬌
あと爆音注意!
しかし、あちらではこのように決闘初心者~中級者用に、上手になる情報というのを公開されていて凄い。下地が違う。プレイヤーの数に比例して情報もサイトも大量にあり、プレイヤーが育つという環境が出来ている。やはり本場の方が上手な人が多いと思う。

それではごゆっくりどうぞ

photo0605110016-jang0179_convert_20101220062612.jpgこんにちは、DNFプロゲーマー ジャン・ウン(カマエルセラフ)です。
初の実践攻略は、格闘家『ストライカー』から進行するようにします。今日は、ストライカーの天敵の一つである『グラップラー』を攻略してみましょう。




untitled.png


グラップラーは、投げに特化しており、ストライカーよりもとることの判定をお勧めします。特にストライカーの主な時間帯のスーパーアーマー(HA)を利用した攻撃を試みるとき、グラップラーはパワーホールドを詠唱した時、スライディングホールドを使ってストのスーパーアーマーを馬鹿にすることは簡単です。

そのために攻めるのが難しい面がありますが、いくつかの事だけを注意すれば相手にできます。グラップラーの攻略について、もう少し詳しく見ていきましょう。

1。注意事項

グラップラーを相手にするときのアイテム(アバター)の設定は、大きく気を使わなくても大丈夫です。 普段着でいいとされている為、セッティングには、大幅に言及するよありません。 代わりにグラップラーと相対時の注意事項をいくつかお知らせいたします。

クラウチング
グラップラーの全ての投げ技はクラウチングで避けることができます。特にスパイアの範囲があまりにも大きいだけにクラウチングを通じた回避を練習すると、実戦で効果を発揮します。
スパイアに対してはクラウチング回避、投げ潰し、LD当て等もできる

クイックスタンディング(QS)
初心者グラップラーではない中級以上のグラップラーに会えばQSを頻繁に使っちゃいけません。簡単に書くようにと、ネクスネプ+キャッチ連打が原因で、再度コンボをされる確率が非常に高いので、QSは重大である場合にのみ使うことをお勧めします(たとえば、>コンボがすべて終わった後疾風コンドルWCSを狙うときに。またブレーキングエルボー通常4打cロープを狙われる時)

QSはかなりリスクが高い。うまく投げ潰しで回避できればいいが…
そもそもグラがロープを狙う時は、コンボ補正の入っていない時。〆にスプサイだと普通は補正ギリギリで入れるから深くは追い込まない。
スパイアは、直接当てた場合、まだまだコンボを入れれるので狙ってくる。どうせQSしてもしなくてもコンボが続く可能性があるのだから、QSして投げ回避をチャレンジしていいと思う。

通常コンボだと、大体肩コンスタックしてスプレで〆て、まだまだコンボが入ると言うことで狙ってくる。この時の通常4cロープにQSすれば、相手はスプレとロープがクール中であり、潰し技が少なくなっている状態。チャレンジしてもいいかも。ただ、スパイアとスプサイクールが終わっていれば話は変ってくる。
上手い人は通常4c後にわざとハンマーするかもしれない。QS読んでのロープ残し。QSしなくとも、ハンマー後に疾風jkからロープはいける.
あとスプレで〆ないという上級者もいる。私もそうだが、QS潰し様にスプレはとっておく。ストもスプレネクスナLDとQSを潰しやすい職。

小ネタで、被コンボ中に上着をNアバQSにする。無敵時間が増え、相手の動揺を誘える。
他にQS起き上がりに即クラウチングすると立ちモーションをせずにしゃがんだ状態を維持できる。しかし後者は数回やれば対策されてハンマーで吹き飛ばされる。しかもQS即クラウチングはタイミングが糞難しい。しかし、ハンマーエルボー悪くて通常cスパイアで終わると思えば使えなくもない。QS即クラウチングで相手はほぼ全ての投げを使ってしまっている。じゃあ直スパイアされた時にはもってこいじゃないか!


スーパーアーマー
スーパーアーマーをただむやみにソᆺダガンだけで飛ばしやすいです。 .相手のバンジャプイスーパーアーマーよりも長いので、損害を表示がちです。スーパーアーマーは、最初に書いて奇襲をしていたが、安全策として、相手のバンジャプイ終わった後に使用するのが効率的です。

ちょっと翻訳わからなかったが、パワホとHAの関係。HAをキャストしたのに相手がパワホ使ってきたら効果がないと言うことかな?なので安全策で…って、こっちがHAするまで相手は様子見でパワホを遅らせたりすると思うのだが。人によるか。しかし、10秒たって即HAの方が、相手はまだパワホできないのでお得?

キャンセル金剛砕
グラップラーは格闘家で唯一のキャンセル金剛砕を持つキャラクターです。ゆえに前進しながら通常攻撃をしている途中、突然のキャンセル金剛砕を出すことができるので、一定の距離にある時に緊張感を持たなければなりません。

他の格闘の金剛は見え見えの発動が多いため、受けやすい。中級者↑くらいだと金剛をアーマー受けするのが当たり前で、危険なスキルだが、通常cにより、思いもよらぬ所での金剛を発動可能なのがグラ。対角線上でなくても、画面外から通常c金剛をされても恐い。相手に近づこうと思ったらいきなり飛んできたみたいな。他の格闘もそうだが、牽制に使うことが大事。あの位置に移動すると予測しての使用。また、天撃など、金剛空振り見て余裕でした等、失敗したら反撃確定の位置には発動しない事。バトメの場合、強気にいけるのは、サイハクール中であり、相手が天撃した直後ならギリギリを当てる感じで。

もう少しお話するが、金剛は浮かす目的以外に、わざとアーマー受けさせる使い方もある。特に対格闘家やプリ、即時アーマー受けが基本、一つしか出来ない相手。例えで喧嘩としよう。金剛をギリギリに当てて相手はアッパー受け。その後には相手はもう受けができない。そこを狙って疾風をすれば…? 上手い人は疾風が来ると解るので疾風を出して相打ちにされますが。他に、大麻クルセなら疾風読んでバクステ受けで立ちコン回避。上級者には対策されますが、かといってコレを知らなければ被ダメを食らう事になります。しかし、SIにより不屈受けが可能になるので、絶対ではありません。。
また、金剛を狙っていくのなら、疾風と合わせての使用がいい。上から下へ放つのが範囲が広いのはご存知だと思うが、判定ギリで金剛を当てると、どうしてもダウンコンボだけで終わらせてしまいがちの人がいますが、金剛、疾風移動jkアッパーと浮かす事ができます。これは疾風jkのタイミングが少し難しいので練習しましょう。また、あくまで下判定が広い↑から↓への場合のみで、他の場合は疾風をはさまなくても浮かせる事は可能です。なので下判定を生かそうと思うときは、疾風がクールでないか確認しましょう。







2.ビデオ攻略

最初のビデオのポイントは、二件を表示しています。

相手の攻撃をクラウチで避け、チャンスをつかむことができるという点。クラウチは、相手の攻撃の予測で練習しておくと大きな財産になります。

.アーマー受けができるか出来ないか、クラウチングも初心者と上級者の差が出るほどのスキルです。グラップラーのすべての投げに対応して、避けることがあ可能なので、注意してください。

2つ目は、分身の用途です。

グラップラーは、グラブキャノンで分身を消すことができます。この優位性のために分身を敷き、安全地帯時代と考えれずにチャンスをつかむタイミングだと見れば良いです。

相手のミスを利用するのも一つの方法です。

分身は守りにも使え、相手が分身をドスコイしようものならこちらが優位になる。もし二回ドスコイすればスプレとロープによるもの。それみてHAで突撃すれば投げ返される確立が低くなる。なぜならスプレとロープが一定時間クールになるのだから。もちろん意味の無いところに分身を置いても壊しにかからない。あと、中盤で分身にスプサイクラブキャノンは判定が大きいので注意。分身周りでウロウロしていたら食らう。
対他職でもそうだが、相手のスキルを出させる事ができるというのは強い。コンボ終わりに分身してコンボを〆る。すると相手はなにかしら行動をとる。そこからチャンスが生まれるときもある。ただし、銃の榴弾は注意。
起き上がり以外にもテラ加速を狙って分身を積極的に壊す人もいるので、そこも狙える。ただし、遠距離職は知らない。
また、距離を詰める時、道をふさぐ時、HA中の跳躍対策で着地地点(端)にあらかじめ分身を置くなど。






2番目のビデオのポイントは、金剛刷です。

相手のキャンセル金剛刷に注意をして相手の油断した隙に逆に、金剛鎖を与えることがポイントです。

.グラップラーはバンジャプイなければよいの判定機が少ないので、その隙をうまくチルシミョン連携の効果が見られます







三番目のポイントは、マッスルシフトです。

マッスルは、使用率が高く、どのように使われ方によっては重要な武器になることがあります。 相手の隙をうまく突くことができるの連携で、非常に効率的効果的に表示されます。

ちなみに殆どのストはMSを最大まで取得していて、アバもMSブースト。それにより決闘では3回キャンセル可能。彼も推奨していました。
多く見られる使用方法は、空中コンボ時のヘヨーライジングポンケン等を絡ませた瞬間最高ダメを与える時。昔検証したが、MSを使った方が最大コンボダメが出ていた。
他に、通常攻撃移動、ポンケン、疾風を繋げた高速移動攻撃。
ブッパライジング→コンドルなどなど。



よく見ましたか? 役に立ちましたか分からないですね。次の攻略は、『ストリートファイター』を相手にするときに注意点について見てみましょう。

#カマエルセラフ

アゴ様ブログウェブページ翻訳で読みましょう,


やたらとジャンプ攻撃をしている。SIで使えるようになったと聞いたが要検証。
QSの大事さ!食らわなくてもいいコンボを自ら食らうという自殺行為.
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://satukingoogle.blog133.fc2.com/tb.php/49-a13072f0
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。